Vライン脱毛の率直な感想

Vラインの脱毛は場所柄少し恥ずかしそうな印象がありましたが、サロンでは小さいショーツを履いたままの状態で施術できましたし、大きく足を広げなくても良いように膝を曲げてあまり開脚せずにお手入れして貰えたので、意外と恥ずかしさは気になりませんでした
Vラインのお手入れをする前には、サロン側が用意したテンプレートにそって自分でカミソリでシェービングしてから店へ向かいました。

どこまで剃ればよいのかわからないことが多いVラインですが、脱毛サロンによってはテンプレートに沿って手入れすれば大丈夫というケースもありますし、実際の施術の際にエステティシャンさんと相談して話し合いながら照射してもらう箇所の範囲を決めることも可能なので、深く悩むことは無いなと分かりました。

施術の際には少しパチッとした刺激がありましたが、脱毛後には速やかに肌を冷やして保湿してもらえたので、特に肌にトラブルが生じることも無かったです。
Vラインを脱毛するようになってからはローライズのデニムを履く際も安心ですし、気になっていた肌の色素沈着も少しずつ綺麗になりました。

Vライン脱毛の注意点とは?

Vラインは見える部分のため自己処理する方も多いと思います。そんなVライン脱毛の注意点をまとめました。

デリケートゾーンのなかでも見えやすいVラインは、自分でお手入れしたいという女性も多いようです。しかし方法を間違えると思わぬトラブルが起きかねません。そんなVライン脱毛時の注意点についてご紹介します。

用意するものは清潔なハサミとカミソリまたは電気シェーバーです。まずお風呂でデリケートゾーンを清潔にした後、はじめからカミソリやシェーバーで剃るのではなく、長い毛はあらかじめハサミでカットしておきましょう。そのあと角質層まで傷つけないようにワセリンなどで保護をしてからシェービングします。カミソリに比べシェーバーのほうが肌を傷つけるリスクが少ないためおすすめです。剃ったあとには再びクリームで保湿します。

最近はワックス脱毛も有名になりましたが、これは肌が敏感な方にはおすすめできません。除毛クリームも市販されていますが毛のたんぱく質を破壊して取り除くといった性質から毛根は残っているため再生しやすいという特徴があります。
清潔を心掛けて、安全にデリケートゾーンのお手入れをしてくださいね。